53歳でパパになった話。~その2~

こんにちは。今回担当の金山です。

毎日暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?


少し前のことになりますが、4月に息子が無事1歳を迎えることができました。息子の誕生日は4月15日なのですが東京ディズニーランドの開園記念日と一緒なんです。そこで、ディズニーランドの入場口まで行って写真を撮ってきました!コロナ渦で入場制限があったので入場できなかったのは残念ですが、落ち着いたらちゃんと入場して遊ばせたいと思っています。


さて、前回のお話の通り私は53歳でパパになりましたが、実は私と妻は授かり婚で妻の妊娠が判明した時には、まだ妻のご両親へはご挨拶をしておりませんでした。妻の実家は秋田で、その時は冬でした。12月と1月に伺う予定を立てていましたがどちらも大雪で飛行機が欠航となり、結局スカイプでの顔合わせと挨拶のみ行い、そのまま4月に息子が誕生しました。

再度昨年末に帰省を予定しましたが、またもや大雪で欠航となり伺えず、今回のゴールデンウイークでやっと妻の実家を訪れご挨拶することが出来ました。

妻の実家は秋田でも北部の秋田犬のふるさと、大館市なのですが、本当にのどかで自然豊かな空気が美味しいところでした。

実家では、きりたんぽや稲庭うどん、春の山菜である、シドケやボンナ、地酒・・・

など、秋田の名産を美味しくいただきました。                                  

滞在中に、義弟が大館市役所新庁舎を案内してくれました。令和2年12月に工事が完了した新庁舎は鉄骨造地上6階建て、落ち着いた黒基調の外観で屋内通路や議場などは地場材の秋田杉を使用した天井・壁になっており、杉の香が漂っていて自然との共生を感じられる空間となっていました。

今回の帰省は挨拶と息子の顔見せたが目的でしたが、義両親、義弟に喜んでいただけて本当によかったなと実感しています。息子は最初こそ人見知りして泣いていましたが、遊んでもらったり、ご飯を食べさせてもらっているうちに慣れたようで、私や妻がいない空間でも笑って遊んでいました。皆さんに可愛がってもらえてありがたかったですね。

また、息子が周りを本当に明るくしているのを見て、子どもの存在の大きさを感じました。あ。これって親バカでしょうか?(笑)

今回は2泊3日の帰省だったのですが、妻が「時間が足りない!」と騒ぐので、再度来月のお盆休みにも帰省することにしました。時間が足りない、というのは妻が二日酔いで半日潰してしまったせいだと思うのですが・・・(苦笑)

今度は3泊4日の予定なので、お墓参りをしてご先祖様へご挨拶と息子の顔見せをしたり、実家前で花火をしたりしたいと思っています。

まだまだ暑い日が続きますが皆様が健康で素敵な夏を過ごせますよう願っております。







閲覧数:53回0件のコメント

最新記事

すべて表示