top of page

国立近現代建築資料館に行って来ました。

久しぶりに湯島・旧岩崎邸庭園の隣にある国立近現代建築資料館に行って来ました。




「日本の近現代建築家たち」展の「覚醒と出発」「飛躍と挑戦」というタイトルで、それぞれの建築家たちの設計競技に提出された計画案、図面などが展示されていました。




当時の手書きのコンセプト・図面・資料を見て、設計協議にかける熱い想いを感じました。

 近現代建築資料館は、10年ほど前に文化庁が「日本の建築文化を次世代へ受け継げる場を」と設置したようです。




名誉館長は安藤忠雄さんです。平日は無料、土日は旧岩崎邸庭園の入園料で見学することができます。

企画展の記念誌も頂けます。企画展は年2回のペースで開催されますが、一度、見学してみてはいかがでしょうか。




 私はこの後、湯島天満宮で合格祈願(娘の)のお守りを買い、うさぎやのどら焼きを食べて帰りました。うさぎやのどら焼きは一つから買えます。

出来立ての温かいどら焼きはいかがでしょう!





山岡 治







 


 

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page